横浜女性起業家 COLLECTION 2021

aspen grove

aspen grove
お椀になりたかったツリー

割れや節があり、お椀として加工することができない材料を、木のぬくもりあふれる「お椀になりたかったツリー」としてアップサイクルしました。
ツリーは7種類以上の木材がランダムに入っているため、様々な木の色の違いや手触り、香りを楽しむことができます。
一番上のパーツは日常使いの「三角形」とホリデーシーズンの「星形」の2種類を用意し、1年中楽しむことができます。
上部のパーツを取り外せば、インテリアとしてだけではなく、小さなお子さまにも木のおもちゃとして遊んでいただけます。
同じ材料を使った一輪挿しもあります。

「お椀になりたかったツリー」スタンダードver. 材質:天然木(国産材)7種類以上(星パーツ同梱)
「リバーシブルな額縁一輪挿し(サクラ)」 材質:サクラ、真鍮
「お椀になりたかったツリー」ホリデーver. 材質:天然木(国産材)7種類以上(三角パーツ同梱)
「えんとつハウス(屋根付きころん)」(ドライフラワー用ミニ一輪挿し) 材質:天然木、真鍮/サイズ:S
「リバーシブルな額縁一輪挿し(カエデ)」 材質:カエデ、真鍮
「えんとつハウス(ころん)」(ドライフラワー用ミニ一輪挿し) 材質:天然木、真鍮/サイズ:S
「リバーシブルな額縁一輪挿し(ウォルナット)」 材質:ウォルナット、真鍮
「えんとつハウス(屋根付きのっぽ)」(ドライフラワー用ミニ一輪挿し) 材質:天然木、真鍮/サイズ:M
アバター
小さな頃から木工所の家具職人に囲まれて育ち、ものづくりへの影響を受けました。
今は「ワクワクをつなぐモノづくり」をコンセプトに、横浜や小田原をはじめ、神奈川県産の素材を使用した商品づくりやワークショップの企画・運営を行なっています。
端材や廃材、間伐材を積極的に使用し、どこからやってきたどんな素材なのか、想像膨らむストーリーも一緒にお届けしております。
昨年4月、南区井土ヶ谷にDIYでリフォームしながら、ワクワク体験ができる小さなお店をオープンしました。
アバター
商品にすることができず、もやされてしまう薗部産業さんの「めいぼく椀」の端材を素敵なインテリア雑貨に甦らせ、長く使っていただくことでCO2の排出を抑えることにも貢献できればと思い、商品を開発しています。
「お椀になりたかった」シリーズにふれることで、木を身近に感じ、楽しみながら地球環境や木材のことを知るきっかけになれたら嬉しいです。
すでに多くのファンがいる「めいぼく椀」とおそろいの木材でできた木の雑貨で、家族や友人、大切な方への贈り物になれるよう、デザインや仕上がりに気をつけています。
アバター
割れ、節などがあるため、お椀として加工することのできなかった材料をアップサイクルして生まれた「お椀になりたかった」シリーズのツリーや一輪挿しです。
小田原にある薗部産業さんの「めいぼく椀」の端材を中心に使用。
サクラ、カエデ、ケヤキ、ブナ、クリ、クルミ、ナラ、ウォルナット、メープル、小田原産のヒノキ間伐材などを使用しており、さまざまな樹種の香りや手触り、木目を楽しむことができます。
暮らしに木のぬくもりをお届けするインテリア雑貨です。
出展者ホームページ

Facebook
https://aspengrove.jp/

https://www.facebook.com/aspengrove.jp
Instagramhttps://www.instagram.com/aspengrove.jp/
Twitterhttps://twitter.com/aspengrovejp
※アカウントをお持ちでない方は、ページが表示されない場合があります。

Share / Subscribe
Facebook Likes